コンテンツ
診療の案内・アクセス
院長・スタッフ紹介
ホワイトニング
セレーブデンチャー
インプラント
インプラント矯正
キッズルーム
院内の紹介
診療システム

モバイル ←モバイルサイトは
こちらから


ドクター ←ファインドクター
サイトはこちら
から

フェイスブック始めました

よしずみだより
よしずみ歯科医院
お問い合わせ
求人募集

ホワイトニング


医院理念

ホワイトニングには、ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング・デュアルホワイトニングがある中で、当院では主にホームホワイトニングを採用しています。
どの方法にも特徴がありますが、今まで施術したなかでホームホワイトニングで十分な成果を得ていると考えています。
ホワイトニングは個人差がありますが、通常今の歯の色調から3〜4段階明るさが増すことを目的としています。(変色の原因によっては、色調の改善が見込めない場合があります。)
ホームホワイトニングとは、最長2週間を目標にご家庭で歯型トレーにジェルを入れて使用していただきます。事前にご指導しますので、ご安心ください。

 

院長紹介


当院症例 当院症例
当院症例 当院症例
当院症例 当院症例
当院症例 当院症例


このページのトップへ

 

副院長

wh ホワイトニングを行うと、歯の表面に点状に白い部分や歯の色がチョークの様なマットな白さになることがあります。これは歯にもともとあるものが、ホワイトニングにより強調されたものです。数週間から数ヶ月たつとまわりの他の歯と馴染んできます。
wh 本剤装着中に、歯や歯茎、舌、唇などの口腔軟組織に軽度の知覚過敏や痛みが現れることがあります。知覚過敏抑制剤などの使用や、ホワイトニングの中断により改善します。
wh 妊娠する可能性が高い方、あるいは妊娠中・授乳中の方にはホワイトニングは適用ではありません。ホワイトニングの時期をずらすことをお勧めします。
wh 通常ホワイトニングにより、神経のある歯の色調は明るく変化します。しかし、詰め物やかぶせ物の色調は変化せず、神経のない歯も変化は小さくなります。そのため、これらの色調が異なって見えるようになります。あまり目立つ場合は、これらの処置をやり直す必要が出てきます。また、神経のない歯のホワイトニングでは、歯の内側(神経の入っていたスペース)へ薬剤を入れ、内側から白くする方法をとることがあります。
wh ホワイトニング効果の持続時間は、変色の原因および生活習慣によって変わってきますが、6〜8ヶ月に一度のタッチアップによってその白さを保つことができます。

 

このページのトップへ

 

副院長

歯の表面を覆っている被膜(ペリクル)は、クリーニングや、ホワイトニングで除去され、12時間から24時間かけて再生されます。ホワイトニング後24時間は、色の濃い食べ物、飲み物はひかえてください。


ホワイトニング コーヒー 紅茶 日本茶 焼肉 焼き鳥 コーラ 赤ワイン ジュース類 きゅうり・トマトなどの色の濃い野菜 口紅 焼きそば カレーライス スパゲッティー 味噌・醤油ラーメン 醤油 からし わさび チョコレート 大福 ぶどう・いちごなどの色の濃い果物 色付きの歯磨き粉 うがい薬 ウコン
 
ホワイトニング 水 牛乳 ヨーグルト チーズ 白ワイン 色の薄いビール 鶏肉 ナッツ類 白身魚(醤油なし) 大根 サトイモ パン フライドポテト ポテトチップス(塩味) 米 おかゆ とんこつ・塩・バターラーメン カルボナーラなどのホワイトソース 貝柱 えび しらす お吸い物 白味噌汁

朝食時、歯の表面の保護膜が剥がれている状態のため、色の濃い食べ物や梅干し(酸性のたべもの一般)などは避けてください。



ホワイトニング期間中は禁煙してください。
歯磨きはリカルデント成分のMIペーストの使用をおすすめしております。
より漂白効果を希望される方にはsuper smileの使用をおすすめします。
朝・ホワイトニング直後は避けて、ご使用ください。)
顎関節の痛み、トレーの穴あきがないかの確認のため、週1回のチェック(トレーも持参して ください)が必要です。

 

このページのトップへ