審美義歯・入れ歯

通常、保険で義歯を作成すると、分厚く、金属の留め金が見える義歯を装着します。

保険の制約があるためですが、特に前歯に金属がくると審美性を損ねます。そこで、金属のバネの代わりに、軽くてしなりのある素材を採用します。

保険の義歯の欠点を補う機能のある義歯(ノンクラスプ義歯、セレブ義歯など)を審美義歯といいます。
金属のバネがないため、入れ歯であると気づかれにくく、また薄く、軽く、弾力性があり、装着感がいいという特徴があります。

審美義歯の装着感とお手入れ方法

審美義歯は、樹脂の弾性を利用し残存歯を「しっかり掴む」ように入れ歯を維持するため、「指先で掴む」ような保険の入れ歯と比較すると、安定感や装着感が良くなります。

また、保険の義歯に比べると、入れ歯と歯茎の間に食べカスが入りにくくなり食事中の違和感や痛みも感じにくくなります。
お手入れは入れ歯に傷が入らないよう、スポンジの柔らかい部分で磨いていただきます。

硬い歯ブラシや義歯用ブラシの使用は表面を傷つけ、劣化の原因となりますので使用しないようにしてください。

義歯についての当院の考え

当院では、歯を初めて抜いた方や、初めて入れ歯を作成する患者さんには、まず保険の入れ歯をすすめています。 なぜなら、ネットや口コミで審美義歯を知り、かなり高い期待感をもって希望される患者さんが多数いらっしゃいますが、あくまで保険の義歯と比べて利点が多いというだけで、入れ歯というジャンルであることには変わりないからです。

費用的に高額になり、評価も高いとあって、期待値もかなり高くなっています。その高い期待のまま、審美義歯を装着すると、期待値よりも低い出来であることは残念ながら自明です。インプラントやブリッジのように噛めて当たり前の装置ではありません。

当院では、まずは義歯の装置に慣れてから、それよりも薄く、審美的な義歯になるという認識が必要だと考えます。また、このタイプの義歯は修理が難しく、一旦義歯を預かってから歯科技工所で修理をする必要があり、修理費用も自費診療になります。なお、そのほかにも、マグネット義歯や金属床義歯など機能性の高い義歯もあります。