口腔外科

当院では、口腔内の外科手術を必要とする治療も行っております。下記の治療以外にも、上唇小帯の切開・舌強直症の切開なども行います。

難抜歯

虫歯や外傷で歯がほとんど見えない抜歯は、歯茎の切開などの手術が必要です。こうした手術も口腔外科にて対応しております。

膿瘍切開

虫歯を放置したり、抜歯を躊躇して炎症が顎の骨や粘膜に波及することがあります。そういった場合に、膿を出すため、歯茎を切開することもあります。場合によっては抗生物質の点滴を内科に依頼し、消炎処置をすることもあります。

外傷歯の固定

歯の折れ方にもよりますが、保存できる場合は整復したうえで、隣の歯と固定する処置をとることがあります。

外傷の縫合

外傷で唇や舌を切った場合は、麻酔をしたうえで縫合をします。

開窓術

歯が生えてこない場合は、歯茎を切開して永久歯が生えてくるように開窓の手術をすることがあります。