ホワイトニング

一般的に、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類があります。同時にする方法をデュアルホワイトニングと言いますが、当院では、手軽に1日からできるオフィスホワイトニングを行っています。

ホームホワイトニングは2週間の食事制限があり、患者さんにストレスを与えることが多いため、当院ではオフィスホワイトニングを採用しています。1日2~3回繰り返して終了しますが、ご要望がありましたら数週間の期間をおいてオフィスホワイトニングをすることも可能です。一気に歯の中の神経に刺激を与えすぎると、歯髄炎などの痛みを起こす可能性があるため、数週間あけるとそれらのリスクが軽減します。

ホワイトニングにも限界はありますが、やればやるだけ白くなる可能性はあります。ただし、芸能人のような極端な白さを念頭においてホワイトニングを希望されることが多いので、その点については注意が必要です。

また、ホワイトニングをすると、歯に縞模様が出る歯があります。これは、歯の年輪の例えがありますが、元々色の違う層があり、ホワイトニングをすることで、色の違いがはっきりすることがあるからです。この場合、ホワイトニングを何度かすることで、色の濃い部分も白くなってくるため、目立たなくなることが多いです。

しかしながら、神経を取っている歯の変色には、ホワイトニングは効果がありません。歯の内面を漂白する方法か、補綴(差し歯)にすることで、代用します。

ホワイトニングは繰り返し継続していくことが大切

オフィスホワイトニングで歯を真っ白にする一番のポイントは継続すること。オフィスホワイトニングは半年から1年に一回程度、繰り返し行うことで白さを持続できます。

オフィスホワイトニング直後の注意点

  • オフィスホワイトニングをした直後、30分~1時間は飲食を控えてください。
  • オフィスホワイトニングの効果を最大にするため、期間中は着色性の強い飲食物は摂らないようにしましょう。
  • 1回でも効果はありますが、3回行うことでより効果が実感できます。
  • 日ごろから歯磨きをしっかり行うことが、白さを保つポイントです。

オフィスホワイトニング中に控えたい食べものや飲みもの

スクロールできます
飲みものコーヒー・紅茶・烏龍茶・抹茶・赤ワイン・ベリー系ジュース・コーラ・ココア
食べものカレー・ミートソース・キムチ・コチュジャン・豆板醤・チョコ・醤油・ソース・味噌・ケチャップ・からし・わさび・そのほか色の濃いもの・合成着色料が入ったもの
そのほかタバコ・うがい薬・口紅・色付き歯磨き粉

禁忌について

低フォスファターゼ症の方

低フォスファターゼ症と診断を受けている方に、ホワイトニングは禁忌です。

妊娠中や授乳中の方

妊娠中は体内のホルモンバランスが崩れているため、体調にまったく影響がないとも言い切れません。薬剤が直接害となることはありませんが、念のため妊娠や授乳をしていない期間に行いましょう。

虫歯がある方は先に治療してから

薬剤によってシミたり、悪化させてしまう懸念があります。
歯周病で歯茎下がりが多い方歯茎が腫れたり、下がってしまったりしている場合、優先すべき順番は歯周病の治療になります。

歯の変色が強い方

幼少期にテトラサイクリン系抗生物質の薬を飲んで、歯がグレーになっている方は歯の形成時に色素が沈着してしまっているため、効果を実感できません。

歯がシミやすい方

ホームホワイトニングに比べ薬剤の濃度が濃いため、ホワイトニング中にしみたり痛みが強く出たりする方はできないこともあります。

採用情報

私たちと一緒に働いてみませんか

当院スタッフは、明るく楽しく、
お互い助け合いながら、
少しでも患者様に満足していただける
診療を心がけております。
あなたの笑顔にもっとプラスなこと”を常に考え、
日々切磋琢磨しております。